屋形船Q&A

屋形船の歴史

屋形船の歴史

屋形船の歴史 屋形船は船上で宴会や食事を楽しむ座敷がある船のことで、その歴史は日本初期にも記されているほどです。
402年に仁徳天皇の子どもが遊園を楽しんだという記録があります。
平安時代になると、当時貴族が、音楽を楽しんだり、詩歌を楽しんだりする遊び用に屋形船が使われていました。
江戸時代の初期までは、将軍や大名だけが楽しめるものでしたが、江戸時代に河川が整備されたことで、大名や豪商等が、花見や月見、花火見学というような物に使うようになりました。
特に隅田川の屋形船は、圧巻で金銀、漆で豪華に装飾されていました。
一方町人たちは、船宿や料理屋が所有する、「屋根船」と呼ばれるもので遊んでいました。
その後、大船建造の禁や、2度に亘る戦争で勢いを失っていましたが、昭和時代の末期のバブル景気や水質の改善とともに河川の屋形船を使った観光が、また再び勢いづいてきています。
現在の船は、木造ではなくFRP製のものも作られるようになりました。

昔から愛されていた屋形船

昔から愛されていた屋形船 屋形船は現在では料金を支払えば誰もが気軽に利用する事が出来る娯楽船ですが、江戸時代の頃は城に仕える武家などの娯楽船として古くから親しまれていたと言われています。
昔から屋形船は存在していたものの、江戸時代に利用出来るのは、殿様やその周りに使える者などであり、庶民には到底手を出す事が出来なかったわけです。
現在においては、貸し切りだけではなく、乗り合いの屋形船も登場しており、春のお花見シーズンや夏の花火大会などでの目玉となっており、こうした人気シーズンなどの場合は早目に予約をしなければすぐに満席になるほどです。
船内は畳が敷き詰められているお座敷スタイルで、窓からは風景を楽しめる、東京湾などの場合は、船内で江戸前の食材を使った天ぷらやお刺身、江戸前鮨などの料理を楽しめるようになっています。
また、宴会などの場合は飲み放題プランやカラオケが付いているプランも用意してあり、いつもとは違った宴会を楽しめます。

新着情報

◎2018/5/21

テーブル席のある屋形船
の情報を更新しました。

◎2018/3/13

屋形船の火災対策
の情報を更新しました。

◎2018/1/25

屋形船の歴史
の情報を更新しました。

◎2017/11/28

カラオケ付きの屋形船
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

屋形船で食べ飲み放題コース
の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「船 歴史」
に関連するツイート
Twitter

その昔 華やかに 出てゆく 入る 西 東インド会社 その歴史をひめながら 「シンガプーラ」 加藤和彦(1976) 作曲:加藤和彦

Twitter安井かずみ 歌詞bot@yasuikazumibot

返信 リツイート 28分前

返信先:@izuoshima04992 東海汽の客・貨客であっても「淡路丸」みたいに歴史的には必ずしも「花の名+丸」ではなかったんですね。 検索してこのツイートにたどり着きましたが驚きました。

本当に、当時の人たちはどのような気持ちでこのの姿を見たのだろう。 いつも モノクロ写真 のままだと 自分の中で "歴史" にしてしまいがちなのに カラーにしてもらうと 今につながるもの、にしてもらえて ありがたいです。

Twitter(Ф×Ф)02 [tablet]@MiRi_Tab

返信 リツイート 8:48

橋大神宮→信仰心 橋総合病院→医療技術 ららぽーと→経済力 県東→学力 プラネタリウム→好奇心 ふなばし三番瀬公園→自然 橋郷土資料館→歴史 ふなっしー→広報力 漁業も農業も盛ん 最強でしょ♪橋♪

9月20日歴史的事象③ 1886年大阪紡績が夜間照明にアーク燈を使用。民間では初の電燈使用。 1903年京都・七条~祇園で日本初の乗合バス運転。 1911年山田猪三郎考案の山田式飛行が東京上空を初飛行。

TwitterHarlequins/マイノリティコンシェルジュ@Easy_Going_Life

返信 リツイート 8:24

9月20日歴史的記念日② 空の日 1940年に「航空の日」として制定。戦争中中断されていたが、1953年に復活。運輸省(現在の国土交通省)航空局が1992年に「空の日」改称した。 1911年のこの日、山田猪三郎が開発した山田式飛行が、滞空時間1時間の東京上空一周飛行に成功した。

TwitterHarlequins/マイノリティコンシェルジュ@Easy_Going_Life

返信 リツイート 8:22

庵野自体がコピー世代と言われてて、コピーのコピー世代って感覚がそういう所につながるなぁ… 古いテンプレ、古いでも、自分たちの特有の歴史、記憶を乗せてくことにも意味があるんじゃないかかぁ…

下田湊。白い。温泉。美しい歴史の町。もう一度行ってみたいです。

アポロ計画からみる宇宙のトイレ事情!宇宙トイレの発展の歴史 sorabatake.jp/7170/ 連載企画の第5回目では、多くの読者の方々からの要望にお応えし、宇宙飛行士への質問でも人気が高い「無重力環境下におけるトイレの問題」について焦点を当てます。 #アポロ50周年 pic.twitter.com/sDUArYxXzw

Twitter宙畑-sorabatake-(宇宙ビジネス情報サイト)@sorabatake

返信 リツイート5 5:59

いや、この言葉には歴史がありまして、昔山陰地方の漁師達が漁に出て、大陸が見える辺りまで行き、遭難して外国に助けられ、生きて戻ってきた話がルーツです。 「もういけん、しぬるが」と諦めかけた時に白人が乗った漁が近づいてきて 「おっと、ロシアが来たが」って(嘘)